恒大集団の破綻危機 新興国株投資について再考

 

 

目次

 

 

はじめに 中国大手不動産会社が破綻危機

 

中国不動産大手の恒大集団(Evergrande group)が破綻危機に陥っているとニュースになっています。

 

1996年開業の同社は多額の借金を行いながら事業を拡大してきました。

負債総額は3050億ドルにも達すると予想されています。

 

jp.reuters.com

 

 

 

中国株の全体市況は最悪

 

このところの中国はジャックマーの拘束、学習塾の営利化禁止など、株式市場には明らかにネガティブであるニュースが多く出ています。

 

 

この1年のチャートを見ると、上海総合指数はS&P500を大きく下回っており、ハイテク株に至ってはこの1年のパフォーマンスが−12%と、米国ハイテク株のQQQと比べると地獄のようなパフォーマンスとなっています。

f:id:shotaro37:20210920185619p:plain

上海総合指数(SHCOMP)とS&P500(VOO)

f:id:shotaro37:20210920185726p:plain

ハンセンテック指数(SHTECH)とNASDAQ100(QQQ)



 

新興国ETFのVWOも、特に6月以降のパフォーマンスは悲惨で、全世界株の足手まといとなってしまっています。

f:id:shotaro37:20210920185847p:plain

新興国ETF(VWO)とS&P500(VOO)

 

 

YouTubeTwitterを見ていると、米国株派がますます強くなっているように感じます。

 

 

 

新興国は買い、というスタンスに変わりはない

 

以下の記事にも書いたのですが、それでも新興国株を全世界比率より少し多め(20-25%程度)に持ちたい、という考えは変わっていません。

shotaro37.hatenablog.jp

 

今は米国株に偏っているため、つみたてNISAやiDeCo新興国株を多めに積み立てています。

 

その理由は新興株が占めるGDPの割合(41%)と、時価総額に占める割合(12%)に大きな開きがあり、長期的にはこの差は縮まると考えているからです。

 

 

shotaro37.hatenablog.jp

 

 

 

 

大衆心理に従って行動してはいけない

 

いいニュースを見ては買い、悪いニュースを見ては売りとしていては、いつまで経っても資産は増えません。

 

NASDAQ100、特にレバレッジ投資が最近の中国株と逆で、危険な香りがします。

 

常に分散投資、適切な資金管理を心がけていきましょう。

 

 

まとめ

・中国株関連の悪材料続く

・それでも新興国株は買いだと考える

・目先のニュースに惑わされず、芯の通った投資をしよう

 

 

色んな相場での雰囲気、自分の気持ちは記録を残すことでしか振り返ることができません。

今後に必ず生きてくるので、時々は気持ちの面をしっかり書いていきたいと思います😇