貸株設定の仕方を紹介 税金に注意

 

目次

 

 

はじめに 証券の貸株について

 

貸株をご存知ですか?自分が保有している株を貸し付けることによって、預金と同じように金利を受け取れるというサービスです。

 

一度設定してしまえば、証券会社が自動で行い、売却も通常通りできます。

 

今回はこの制度の簡単な紹介と、注意すべき点について書いていきます。

 

 

貸株の設定 楽天証券

 

ログイン画面の

国内株式 → 貸株 → 貸株各種設定から変更することができます。

f:id:shotaro37:20211007144258p:plain

楽天証券 ログイン画面



私は配当金を受け取りたいため、株主優待・予想有配優先にしています。

f:id:shotaro37:20211007144446p:plain

金利受け取り方法



その理由は後ほど。

 

 

貸株のメリット 金利を受け取れる

 

唯一最大のメリットです。

 

楽天証券の画面では右上に金利が表示されています。

f:id:shotaro37:20211007144355p:plain

貸株金利



私が保有している株は全て金利が0.1%でした。

 

 

注意点

 

証券会社倒産時に保護されない

 

一般に証券会社に預けている株や預金などは分別管理され、倒産時にも全額が保護されます。

 

しかし貸株についてはこの制度の対象外で、戻ってこない可能性があります。

 

www.rakuten-sec.co.jp

 

貸株金利はたいてい0.1%/年なので、リスクリターンが見合わないと考えるならば貸株はやめとくべきです。

 

 

雑所得に分類

 

貸株をすると配当金相当額を貸株金利として受け取ることも可能です。

 

この場合、配当は配当所得ですが貸株金利は雑所得に分類されます。

 

配当所得の税率は20.315%で、所得が少なければ配当控除が適応されます。

 

雑所得は給与所得などと合算して税率が決まります。

 

また雑所得が20万円以下の場合は、確定申告が不要です。

 

学生や主婦、社会人で確定申告をしない場合は、雑所得が有利かもしれません。

 

 

 

 

貸株はやりたければやっても良い、程度のもの

 

ほとんどの株は金利が0.1%で、投資信託や外国株は対象外です。

 

また株を貸してしまうと保護対象外となってしまうため、リスクリターンが合わないと感じる方も多いでしょう。

 

配当が税制的に有利になるのであればやっても良いかもしれません。

私は配当は配当として受け取った方がマシなのでそうしています。

 

私は楽天証券が潰れることはないだろうと高をくくってやっています。

 

 

まとめ

・貸株制度について解説

・貸株金利は雑所得になるため注意が必要

・倒産時には保護されないため、理解して始めよう

 

私はたまに振り込まれる金利を楽しみにやっています。

全ての投資家必見 長期投資の個人サイトを紹介 ②

 

目次

 

はじめに 前回のおさらい

 

前回、以下のサイトが長期投資に関して良くまとめられていると紹介しました。

 

hayatoito.github.io

 

以下「hayatoさんのHP」「hayatoさん」と略します。

 

 

今回は、各個人投資家が目指しているリターン別に、どのような戦略を取れば良いか、この長期投資の原則をベースに考えていきたいと思います。

 

① 市場平均以下を目指す人

② 市場平均を目指す人

③ 市場平均以上を目指す人

 

に分けて考えます。順番が前後しますが、②, ①, ③の順番とします。

 

リターンとは現時点で自分が持つ、投資可能金額に対する期待リターンとします。

貯蓄型の民間保険、年金、生活防衛資金の貯金などは省いて考えます。

 

 

 

投資タイプ別

 

② 市場平均を目指す人が取るべき戦略

 

理論上はこれが最も単純で、投資可能金額のリターンを市場平均と同じにするためには、全ての資金をインデックス投資に充てれば終わりです。

 

つまり全世界株式やS&P500に連動する投資信託(emaxis slimオールカントリーなど)となります。

 

hayatoさんのHPにもあるように、国内商品で十分コストは低いので、わざわざ米国ETFにする必要はありません。

 

この投資の問題点は、リスクが比較的高い(リーマンショックで半値以下になる)ので、単純な割には継続するのが難しいことが挙げられます。

 

 

 

① 市場平均以下を目指す人が取るべき戦略

 

市場平均を得る方法がわかっているのに、平均以下を目指す人などいるのかと思われるかもしれません。

 

これはリスクや損失を減らしたい人が取るべき戦略です。

 

ちなみに今回、目指すリターン別に分けましたが、どれだけリスクを取れるか(リスク許容度)によって投資割合を決めるのが正しいやり方です。

 

将来のリターンは読めないけれど、リスクは商品によって比較的正確に予想できるからです。

 

hayatoさんは現金とインデックス投資の割合で決めるべきと書いていますが、私は債券投資を強く勧めます。

 

中期国債が最も株式との保有シャープレシオが高かった一方、リターンが優れていたのは長期国債でした。

shotaro37.hatenablog.jp

 

 

現金、預金はインフレに勝てませんが、債券はインフレ調整後でもプラスリターンが期待できます。

 

有名なジェレミーシーゲルの表を載せます。

f:id:shotaro37:20211005162651j:plain

1801年からの実質リターン



例えば最もリスク許容度が低い人は、インデックス投資3割、中期国債(2511など)7割、などになるでしょうか

 

 

 

③ 市場平均以上を目指す人

 

これが最も厄介で、hayatoさんは市場平均を上回ろうとすると、「プロ中のプロの平均」から「普通の人」になってしまうと警告しています。

 

インデックス投資は勝者のゲーム」の中で、ウォーレン・バフェットの師匠、ベンジャミン・グレアムも「市場平均で満足すべき」と言っています。

 

しかし私を含め、投資をしている多く(ほとんど?)の方がここに属するでしょう。

 

アクティブファンドのほとんどがインデックスに長期で勝てないと知っているのに、世界中の超高学歴の、超有能なファンドマネージャーより自分の方が優れていると勘違いしてしまうのです。

 

半年前にも市場平均を上回ろうとするな、という記事を書いていました。

shotaro37.hatenablog.jp

 

少なくとも自分の戦略をシミュレーションして、しっかりリスク管理をして、こまめに記録して反省するぐらいのことは最低限必要でしょう。

 

 

 

分散はやっぱり大事 レバレッジも時には有用

 

私はよほどトレード思考が強くない限り、① 市場平均以下を目指すべきだと思っています。

 

そのために前述した債券投資の他に、ゴールド、REIT、仮想通貨などへの分散はリスク低減に役立つので、絶対やった方がいいと思います。

 

債券やゴールドは株式よりも期待リターンが小さいので、合計では市場平均以下になるでしょう。

 

 

追加でレバレッジをかけたり(特に若い人)、トレンドフォロー戦略のトレードを加えるのもアリですね。

 

私はデュアルモメンタム投資なる、順張りトレードをやっています。

 

 

書いてて気づいたのですが、ダン高橋と全く同じこと言っています。

知らぬ間にダンイズムが染み付いていた😂

 

 

 

まとめ

・目指すリターン別に注意点、手法などを紹介

・おすすめは「市場平均以下」

・ダン高橋はやっぱりいいこと言っている

 

ビットコインについては企業の保有が増えるほど、株価と連動してしまって分散が効かなくなるとも言われてます🤔

 

全ての投資家必見 長期投資の個人サイトを紹介

 

目次

 

はじめに 資産運用に関するサイトの紹介

 

ソフトウェア・エンジニアの方が書かれた、1ページでインデックス長期投資の全てを説明するサイトを紹介したいと思います。

hayatoito.github.io

 

 

2020年はてなブックマーク年間ランキングで1位に輝いたそうです。

 

広告なし、他サイトへの誘導なし、ほとんど白黒の文だけのストロングスタイルです。

 

少し経験のある長期投資家にとっては特別目新しい内容ではないのですが、非常によくまとまっており、長期投資のエッセンスが過不足なく書かれていて、感動しました。

 

 

 

記事の内容と感想

 

読んでみると特別なことは書いておらず、至って明快です。

 

・インデックス長期投資を継続して上回る手法はほぼ存在しない

インデックス投資は平均のリターンだが、その平均は世界中のプロが参加している場のものである

・プロ中のプロができないことを、自分にはできると思わない方がいい。

 

といった内容で、

 

ドルコスト平均法的な買い方

・下落時の追加購入など、タイミングを見て売買する事

・資産取り崩し期などに高配当株へ乗り換えること

 

は明確に否定しています。

 

 

意外なところでは

 

・債券投資も否定している (現金でバランスを取るべき)

・市場は完全に効率的ではないが、あなたが継続して利益を上げ続けるほどには非効率ではない

レバレッジは否定していない (ただしほとんどの人には不要)

・全世界でも米国株でも良い (99 点 vs 98 点の違い程度)

・為替リスクはそこまで気にしなくて良い

 

といった部分が個人的に面白かったです。

 

 

特に全世界も米国もどっちでも良いという意見は感動しました。

 

こういう(インデックス原理主義的な)考えの方は、たいてい全世界株が良いと言いますからね。

 

全世界 vs 米国株論争が不毛な議論であると結論が出たように思います。笑

 

 

債券やゴールドなどの分散投資も否定されている事は納得できませんでしたが、そこまで頑張って分散するのはコスパが悪いという意味なんだろうと解釈しました。

 

 

 

記事を読んで補足したい点が出てきた

 

ほぼ全ての内容が「まさにその通り」と思わせる内容で、定期的にこのページに戻って自分を戒めたいと思いました。

 

私なりに付け加えたり、目標とするリターン別の取り組み方などを次回書きたいと思います。

 

具体的には

・市場平均以下を目指す人

・市場平均を目指す人

・市場平均以上を目指す人

 

に分けて考えていきます。

 

 

 

まとめ

・資産運用のサイト紹介

・感動するほどよくまとまっている

・これを基に自分の意見も発信したい

投資系YouTuber 風丸さんへの反論

目次

 

 

はじめに おすすめ投資系YouTuber 風丸さん

 

以前はYouTubeで、多くの投資系チャンネルを見ていましたが、ここ最近はめっきり見なくなってしまいました。

 

その中でも風丸さんの動画は、ユーモアを交えながらご自分の主張を一貫して分かりやすく伝えており、毎回とても楽しみにしています。

 

その風丸さんの直近2本の動画に関して、私なりに反論していきたいと思い、今回の記事にしました。

 

 

 

2本の動画の概要

 

レバレッジNASDAQ100は新世代投資

・全世界株式は今すぐ止めるべき

 

このタイトルの動画について、簡単に概要を説明します。

 

まず1本目は、

・これからもGAFAMを中心とする米国ハイテク株が成長を続けるのは間違いない

・それにレバレッジという新しい手法を使えば投資成績はさらによくなる

・否定している人は新しいものを受け入れられないだけ

youtu.be

 

2本目は、

 

・中国の共産主義回帰で中国株はボロボロ

・その他新興国も自国通貨での金融コントロールが難しく、米国の影響を強く受ける

・欧州も移民問題EU離脱問題で投資対象とはなり難い

youtu.be

 

という内容でした。

 

反論

米国ハイテク株は今後も高成長、株価上昇が続くという前提について

 

 

このチャンネルの動画全体の考えとして、米国ハイテク株の高成長は今後も揺るがないというのが前提になっています。

 

その根拠を説明した動画もいくつかあります。

 

これに私は反対意見は思いつかないのですが、「それはないんじゃないかな」と思っています。

 

Appleのブランド力、Facebookの資金を生かした買収戦略、アマゾンのAWSGoogleの広告収入など、今後も安泰なように思えます。

 

しかし盛者必衰の世の中なので、いずれGAFAMが朽ち果てる時も来るのでしょう。

 

きっと昔の国内大手銀行やIBM、石油企業など、ピーク時には衰退する未来は描けなかったと思います。

 

また新たに成長する企業がNASDAQに上場していなければ、その恩恵は受けられません。

 

 

 

レバレッジについて

 

レバレッジETFは15年前に登場しており、特に新しい発明ではありません。

 

それに新しい投資先、投資法はそのほとんどがロクなものではありません。

 

レバレッジファンドは基本的に投資効率(リスクに対するリターン)が良い商品ではない、ということをこれまでたくさん調べてきました。

 

私の結論は若くてリスクを取りたい人は一部買っても良い、という程度で、基本的には反対の立場です。

 

 

 

米国以外の投資について

 

全世界株と米国株は近年非常に相関が高くなっており、分散によるリスク低減があまり期待できなくなりました。

 

そういう意味では「どちらでも良い」と言えます。

 

しかし私は

新興国が世界に占めるGDPの割合は既に4割を超えており、今後さらに増えていく。

・現在の時価総額比率は1割強に過ぎない

という事実を踏まえると、新興国株の上昇余地は大きいと考えています。

 

中国の政治体制の予想はできませんが、中国が少しでも「普通」に戻れば、大きく株価は上昇する余地があると思います。

 

 

あと超高精度の翻訳ができるdeepLはドイツ企業です。

 

 

 

外挿バイアス

 

将来予測の際に、過去のトレンドに過度に依存することを外挿(Extrapolation) バイアスと言います。 

 

米国ハイテク株か今後も上昇を続けるだろう、中国株は今後没落していくだろうという予想は、この外挿バイアスに陥っている危険があります。 

 

 

 

批判的吟味の必要性

 

情報を得るときには、やや批判的な観点から考えると良いと言われます。

 

今後もいろんな情報を得て考え続けながら、適切なリスクの範囲内で長期投資を続けていきたいと思います。

 

 

まとめ

・投資系YouTuber 風丸さんの紹介

レバレッジ推し、米国外投資は不要だと主張

・それに順序立てて反論

 

人気YouTuberは通り一遍のことしか言わないので、視聴者は少ないけど良いこと言うなぁっていう人を探しています。

なかなか見つかりません。難しいですね😩

ポートフォリオ確認 10月分 デュアルモメンタムを中心に

 

目次

 

 

はじめに デュアルモメンタムのおさらい

 

デュアルモメンタム投資は月1回の確認作業が必要で、それを行います。

 

また全体のポートフォリオについて、今月からグラフにしてまとめてみます。

 

9月分はこちら

shotaro37.hatenablog.jp

 

モメンタム投資についてはこちらから

shotaro37.hatenablog.jp

 

ざっくりまとめると、

 

・モメンタム投資という順張り投資をしている

順張りとは、上がっているものを買い、下がってきたら売るやり方

・モメンタム投資をしているポートフォリオは以下の通り

( )は資産に占める割合

 

VOO(S&P500)、VSS(非米国小型株)のデュアルモメンタム (25%)

海外REIT、国内REITのデュアルモメンタム (5%)

 

評価に使うルックバック期間は3ヶ月+6ヶ月

 

 

今月の株価、ポジション 動きなし

 

以下3月末、3ヶ月前、6ヶ月前の株価(価格)を表にしました。

 

ticker

current

3-mo ago(6月末)

6-mo ago(3月末)

3,6mo騰落率

VOO 米国

400.14

393.52

363.07

+11.9%

VSS 非米国

134.36

135.86

127.28

+4.5%

1343 日本R

2,245

2,307

2,169

+0.8%

2515 外国R

1,146

1,143

1,040

+10.2%

 

現在(9月)のポジション

 

VOO、VSS、債券→VOO

日本、外国REIT、債券→海外REIT(2515)

 

 

10月のポジション 

VOO > VSSのため、VOO をホールド 

REITは2515をホールド 

 

以上のように、今月も動きなしとなりました。

 

 

 

ポートフォリオの確認

 

保有商品

金額(万円)

NASDAQ100

220

S&P500

1026

全世界(除く日本)

70

新興国

68

日本株

379

グロ3

6.8

USA360

9.8

日本REIT

5.5

外国REIT

148

ゴールド

105

シルバー

39

コモディティ

55

仮想通貨

54

現金

777

合計

2963

 

 

f:id:shotaro37:20210929161644p:plain

my portfolio

濃ピンクからオレンジが株式、緑がREIT、黄色系がコモディティ、青が仮想通貨、灰色が現金と色分けしています

 

 

 

毎月売却がないかヒヤヒヤする

 

毎月月末になるとこの計算をするのですが、スイッチングが起きないかヒヤヒヤします。

 

年初からデュアルモメンタム投資を始めて、1回VSS→VOOへの乗り換えを行いましたが、売却益が約120万円あったので、来年の確定申告で約25万円を支払う必要があります。

 

税の繰延効果がこれまで思っていたよりも大きかったので、3ヶ月ほど前からデュアルモメンタムの割合を減らしましたが、同様の理由で12月はモメンタムの売買を行わないようにしようと考えるようになりました。

 

税の繰延効果についてはこちら

shotaro37.hatenablog.jp

 

 

 

 

まとめ

・デュアルモメンタム9月分、今月も動きなし

・年末は売買しない予定。税金を繰延べしたいから

 

モメンタムを始めて9ヶ月が経ちました。これまで市場平均について行くことができてホッとしています。

どんな投資、トレードでもそうですが、最初にドローダウンが来ると心理的に続けられなくなってしまうので、運が良かったと思います。

 

 

 

資産定点観測 2021年9月 +122万円

 

目次

 

 

 

今月の資産総額 28,887,046円(+1,218,241円)

 

f:id:shotaro37:20210928130143p:plain

20201年9月の資産額



今月は遅くなりましたが、9月16日時点での資産です。

 

 

記録をつけ始めた2021年2月からの資産推移↓

f:id:shotaro37:20210928130054p:plain

資産推移



 

 

資産増減の理由

 

7月末に育休を取得しました。そのため8月の給料で社会保険料が免除になりましたので、手取りが12万円増えました。

f:id:shotaro37:20210928130253p:plain

2021年8月、9月の給与明細

 

それ以外は大きな買い物もなく生活費、額面給料ともに特に変わっていません。

 

 

 

 

まとめ

・今月も大きく資産上昇、傾向は変わらず

・育休のため手取りが増加

たろうの月次報告 2021/9/26

こんばんは、今月の報告をしていきます。

恒大集団がデフォルトするかもしれないというニュースと、毎月20日ころ見られていた、S&P500の調整が重なって、上昇トレンドが継続するか、25日移動平均を割ってしまうのか気になる一週間でした。実際は9/20-21で下落しトレンドラインを割って、/9/22に反発しましたね。

 

 

今月のポートフォリオ

9/20の下落で、米国株を大部分売却し、日本株も一部売却したので、日本株の比率が大きくなりました。

米国株売却と同時に、VIX指数に連動するETFを購入してみましたが、恒大集団ショックが起こらなかったために、狙い通りに利益を上げられませんでした。

先日、ミダックに次いで、2つ目のダブルバガーを発掘できました。今話題の海運株、日本郵船です。コンテナ運賃指数はさらに上昇しているので、調整局面が来れば、買い増しをしたいですね。

 

f:id:shotaro37:20210926194848p:plain

ポートフォリオ

 

資産の推移

前回、入金額についてコメントを頂いたので、入金額と投資成績がわかるグラフも載せていきます。昨年の9月にAPPLとQQQの調整の際に損切りをした記録がはっきり表れていますね(><)

 

 

f:id:shotaro37:20210926194311p:plain

資産の推移
まとめ

毎月ポートフォリオをみて、客観的に振り返ることで、よかった取引、悪かった取引を思い出せていいですね。