株式市場急落 分散投資の重要性を改めて ゴールド、債券がオススメ

 

こんにちは、しょうです。

 

目次

 

 

 

はじめに

 

2月25から26にかけて、株式市場は急落しました。

 

2/25のSP500-2.5%、ハイテク中心のQQQ-3.5%、2/26の日経平均-4と、ハイテク株中心に幅広く売られました。

 

また執筆時点(22617)で仮想通貨も売られており、ビットコインが朝9時から-11%以上、イーサリアム-13%の下落となっています。

f:id:shotaro37:20210227081334j:plain

2/26 17時の価格

 

今後いずれ必ず起こる暴落に備えて、株(株式インデックス)相関の低いアセット(資産)を持つことは自分のお金を守る上でとても重要です。

 

 

また分散された資産を複数持っていると、市場が暴落する中でも持ち堪えるものが出てきます。

 

 

それが心理的安心感となり、投資を継続する、正しい判断を下すことにつながります。

 

 

調べた手法  S&P500との相関をみる

 

今回は株式インデックス長期投資を中心にしている方に向けて、分散すべきアセット(資産)の対象をお話しします。

 

チャートはtrading viewというサイトから引用

 

タイトルにあるように、やはり伝統的な分散先である、債券とゴールドが強かったです。

 

基準の指数はSP500として、これから紹介するそれぞれの相関係数を見ていきます。

 

 

分散投資に不向きな例:QQQ、日経平均

 

 

まず分散対象としてダメな例として、QQQ(NASDAQ100)日経平均を上げます。

 

ここからは下の赤グラフに注目してください。

これがSP500との相関係数となります。

 

f:id:shotaro37:20210227081614j:plain

QQQとSP500の相関(下の赤グラフ)



QQQはほぼ全期間で相関がほぼ1となっており、分散が全く働いていません。

 

私もSP500Nasdaq100 ETFを両方持っていますが、リスク分散という観点から見ると全く意味がないと言えます。

 

f:id:shotaro37:20210227081726j:plain

日経平均とSP500



日本株(日経平均)QQQほどではないですが、やはり総じて相関は高いので、リスク分散はできていないと言えるでしょう。

 

 

ここから分散候補をいくつか出していきます。

 

 

分散対象候補1  REIT △

 

f:id:shotaro37:20210227081807j:plain

米国REITとSP500

私にとっては少し意外でした。

 

思っていたほど相関が高くなかったからです。

 

分散投資の一角としてアリですね。

 

ちなみに1343(東証REIT指数)2515(先進国REIT指数)が手軽に買えるETFでおすすめです。

NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343) | NEXT FUNDS

NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信(2515) | NEXT FUNDS

 

 

 

分散対象候補2  債券 ○

 

f:id:shotaro37:20210227081901j:plain

AGGとSP500



今回の主役と言ってもいい総合債券ETFAGGです。

 

相関がプラスの時とマイナスの時がそれぞれ半分くらいで、株と値動きがバラバラだということがわかります。

 

 

近頃は金利が下がってしまい、今後の値上がりが期待できないという論調も

よく聞かれます。

 

 

しかし資産を守るという点で、この伝統資産は今でもポートフォリオの主役の一つであるべきだと思います。

 

 

ただし低格付けの債券、特に社債や、新興国債券は株式との相関が高くなってしまうので、注意してください。

 

 

国内商品ではでは2511(世界国債、為替ヘッジなし)2512 (世界国債、為替ヘッジあり)がおすすめです。

 

iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETF

NEXT FUNDS 外国債券・FTSE世界国債インデックス(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信(2511) | NEXT FUNDS

NEXT FUNDS 外国債券・FTSE世界国債インデックス(除く日本・為替ヘッジあり)連動型上場投信(2512) | NEXT FUNDS

 

 

分散対象候補3  ゴールド ○

 

f:id:shotaro37:20210227081951j:plain

ゴールドとSP500

 

これもいいですね。ほぼ債券と同じ相関です。

 

 

ここで債券とゴールドの相関がどうなのかと思って調べました。

この2つが高相関だった場合、両方買う意味がないからです。

 

f:id:shotaro37:20210227082045j:plain

ゴールドとAGGの相関

高めではありますが、両方持つ価値はあるでしょう。

 

ゴールドは何も生み出さない(金利や利益がない)から持たないという人もいます。

 

確かに今までのチャートを見ると、確かに債券を持っていればゴールドはそれほど必要ではないかもしれません。

 

 

よく株:債券=6:4で持つという伝統的なやり方がありますが、調べていくうちに、やっぱり機能的でいいなと改めて感心しました。

 

 

リスク許容度に応じて、債券26くらいで持つと良いのではないかと思います。

 

どんなに若くてリスク許容度高い方でも、私は2割は持つべきだと考えてます。

 

 

ゴールドのおすすめETF楽天証券ならGLDM(買い付け手数料無料)、それ以外なら1540です。

買付手数料無料 海外ETF | 海外株式・ETF | 楽天証券

純金上場信託(現物国内保管型) | 東証マネ部!

 

 

分散対象候補4  プラチナ ✕

 

f:id:shotaro37:20210227082127j:plain

プラチナとSP500

この2年ほどは相関が高くておすすめできません。

 

もともとプラチナは工業用の用途が最も多く、景気の影響を受けやすい貴金属です。

 

 

個人的には好きなので買っていますが、無理に買う必要はないでしょう。

おすすめETF1541です。

純プラチナ上場信託(現物国内保管型) | 東証マネ部!

 

 

分散対象候補5  新興国株式 ✕

 

f:id:shotaro37:20210227082156j:plain

VWOとSP500

全然ダメでした。特に近年は全く分散効果がありません。

 

よく米国株 vs 全世界株の議論がありますが、これを見ると不毛な議論だなと思わされます。

 

これで今度ひと記事書こうかな

 

 

分散対象候補6  ビットコイン △~✕

 

f:id:shotaro37:20210227191301j:plain

ビットコインとSP500



特にコロナ以降はほとんど同じ動きをしてしまっているので、分散できているとは言えません。

 

仮想通貨はまだ歴史が浅いので、今後の傾向が分からないので、この評価にしました。

 

私はGMOコインで2%イーサリアムを買っています。

イーサを買った理由はこちら

shotaro37.hatenablog.jp

 

coin.z.com


まとめ

 

分散投資の観点から、

 

・債券が最もおすすめ

・ゴールドもよい

・意外とREITが悪くない

・プラチナは微妙

ビットコインは今のところダメ

新興国だろうが、先進国だろうが、株同士ではダメ

 

という結論になりました。

 

例えばですが、リスク許容度が高めな方は、SP500 5割、REIT 2割、AGG 2割、ゴールド 1割なんて配分はいかかでしょうか。

 

今回は自分で調べてて、すごく勉強になりました。

書いてよかった。