NZAM レバレッジ 米国株式2倍ブルを紹介 iFreeレバレッジと比較

 

 

目次

 

 

はじめに 米国株式のレバレッジ商品について

 

外国株のレバレッジファンドとして、iFreeレバレッジ NASDAQ100が最も有名です。

 

2021年11月現在で純資産額は約1600億円に上ります。

 

楽天から新レバナスが出るという記事は以前書きました。

 

 

iFreeレバレッジにはS&P500に連動した商品もあり、こちらはレバナスの約1/10、180億円の純資産額です。

 

今回こちらの類似商品となる、NZAM レバレッジ 米国株式2倍ブルを紹介したいと思います。

 

 

 

NZAM レバレッジ 米国株式2倍ブルについて

 

NZAMとは農林中金全共連アセットマネジメントの略称で、2021年11月現在で37の投資信託ETFを出しています。

www.ja-asset.co.jp

 

なかなか今どきのデザインですね😉

 

ネット専用商品は以下の通りで、大手ネット証券会社で購入可能です。

その中で、日本株、米国株にレバレッジ商品があります。

f:id:shotaro37:20211105105907p:plain

NZAM ネット専用商品シリーズ

 

中身はiFreeレバレッジ S&P500とほぼ全く同じ商品で、

 

先物取引で1日の値動きの2倍を目指す

・為替ヘッジを行う

 

ことが特徴として挙げられます。

f:id:shotaro37:20211105110023p:plain

NZAM レバレッジ 米国株式2倍ブル 紹介HPより

 

気になる信託報酬は0.88%/年で、iFreeレバレッジの0.99%/年を下回ります。

f:id:shotaro37:20211105160658p:plain

NZAMの信託報酬



さて次はiFreeレバレッジとの違いを見ていきます。

 

 

 

iFreeレバレッジ S&P500との違い

値動き

 

Yahoo!ファイナンスで価格チャートの比較を行いました。

 

NZAMレバレッジが運用開始した2020年3月以降の比較チャートが以下になります。

f:id:shotaro37:20211105160006p:plain

NZAM, iFree比較チャート(2020年3月以降)



 

iFreeレバレッジのチャートも載っているのですが、値動きが全く一緒のため、完全に重なって見えなくなっています。

 

間違いかと思って念のためもっと遡ると、ちゃんと2つのチャートが出てきます。

f:id:shotaro37:20211105160103p:plain

NZAM, iFree比較チャート(過去3年)



 

つまり2つとも全く同じように運用されている、ファンド間でのトラッキングエラーは考慮しなくて良いと考えられます。

 

 

 

実質コスト

 

先ほど信託報酬ではNZAMレバレッジの方が安いと書きましたが、それぞれの運用報告書で実質コスト(総経費率)を確認します。

f:id:shotaro37:20211105160325p:plain

NZAMの実質コスト

f:id:shotaro37:20211105160511p:plain

iFreeの実質コスト



1.06%と1.07%でした。

 

全く違いはないと言えます。

 

 

 

純資産額

 

こちらは21億円と177億円でiFreeレバレッジの圧勝です。

 

純資産額が大きいと保有コスト、繰り上げ償還のリスクが小さくなるので有利です。

 

 

 

結論 iFreeレバレッジがおすすめ

 

まとめると以下のようになります。

 

 

実質コスト

純資産額(202111)

NZAMレバレッジ

1.06%/

21億円

iFreeレバレッジ 

1.07%/

177億円

 

今後純資産額が増えれば、NZAMレバレッジのコストはもう少し安くなる可能性があります。

 

しかしそうなったとしても差は僅かであり、規模の面からiFreeレバレッジ が優れていると言えます。

 

もし繰り上げ償還されてしまうと、強制的に売却させられるため、

 

・売却益の税金が発生する (将来の総リターンが下がる)

・NISAでの運用だと非課税が終わってしまう

 

というデメリットがあります。

 

農林中金のファンでない限りは、いま特にNZAMレバレッジを買う理由はないように思います。

 

 

レバレッジについて理論的に考察した回はこちら

shotaro37.hatenablog.jp

 

 

まとめ

・NZAM レバレッジ 米国株式2倍ブルを紹介

・iFreeレバレッジ S&P500と比較

・値動き、コストは同等。純資産はiFreeが大きい

・S&P500レバレッジならiFreeがおすすめ

 

レバレッジといえばNASDAQ100のレバナスが人気ですが、長期の資産形成ならばS&P500のレバレッジもおすすめです。

参考になれば。