投資を初めて3ヶ月の感想 相場が好調な今、今後の不安を考える

 

 

こんにちは、しょうです。

 

目次

 

 

はじめに

f:id:shotaro37:20210403210437j:plain




今年に入ってから、資産の大半を投資に回すようになりました。

 

43日現在は

SP5004000の大台を突破

日経平均は再度3万円に迫る

・仮想通貨は最高値付近で推移

・年初から円安が進行、1ドル110円台に

 

と、絶好調と言ってよい状況が続いています。

 

私は年初から資産の8割以上を投資に振り分けました。その後から感じたことを書いていきます。

 

投資を本格化してから感じるようになったこと

 

日々の動きが気になる

 

去年までは、投資に回していたのは資産の半分以下で、全資産も今より少ない額でした。

 

その時は日々の値動きなど全然気にならなかったのに、今では毎日何回も株価を気にしてしまい、投資先の変更しようかなど、いろいろ気になってしまうことが分かりました。

 

iPhoneの方はお分かりでしょうが、最近のアップデートにより、トップ画面に常に株価を表示することもできるようになりました。

f:id:shotaro37:20210403205657j:plain

iPhoneのトップ画面。株価が常に見られるようになっている


これは消した方がいいかもしれません

 

 

値下がりの恐怖に耐えられるか不安

 

例えば全世界株8割、総合債券2というポートフォリオは、単純にして最も美しい最適解だと思います。

 

とはいえインデックス投資がいいらしい、債券を組み合わせてリバランスがいいらしい、と1冊本を読んだくらいでは、自分の資産の大半を数十年運用する事は不可能と言えるでしょう。

 

1020年と継続するためには、それまでに多くの勉強、経験、失敗が必要です。

 

結果として長期の大きな下落に耐え、いろんなブームに流されないメンタルが出来上がるのです。

 

 

上の投資法はある意味悟りの境地のような存在です。

つまり、悟りの末に出る言葉は単純であっても、その奥に潜んでいる考えを心の底から理解するためには、並々ならぬ修行が必要なわけです。

 

長期で儲かると分かっているのに、シンプルなインデックス投資をほとんどの人が実践できないのは、そうした理由だと思います。

 

 

 

自分のことに目を向けると、いま実践しているモメンタム投資は、それまで数ヶ月の調査、勉強をして開始しました。

shotaro37.hatenablog.jp

 

自分で決めたことではあるのですが、私の採用するモメンタム投資では、ピークから2-3ヶ月下がってからようやく売りシグナルが出ます。

 

その間は指を加えて下落に付き合わなけばいけないし、シグナルが出たら売りたくなくても従わなければなりません。

 

それが自分にできるのかは、ここ数年で起こる様々な相場を経験しなければわかりません。

 

今後思ったような結果が出ない期間が長く続けば、やめてしまうかもしれないし、それが正しいのかもしれません。

 

不安でもあり、楽しみでもあります。

 

やっぱり配当が欲しい

 

今年になって、小額ですが配当が振り込まれるようになりました。

 

そもそも企業の利益を内部留保にするか、配当にするかでは理論上会社の価値は変わりません。

 

当然株価にも影響しないはずです。

 

とはいうものの、企業のバランスシートの資産が増えるよりも、自分の口座に配当が入ってくる方が何倍も嬉しいものです。

 

高配当株をたくさん買ってしまわないか、今後少し不安です。

 

またもし金融資産が6-7000万くらいまで増えて、セミリタイアして配当を生活費にあてるならば、ポートフォリオの再検討が必要になります。

 

f:id:shotaro37:20210403205947j:plain

アセットマネジメントoneのHPより引用



現在の収入、支出が続くならば、6000万円まではあと5年くらいの予定

 

まとめ

・年明けから相場は好調を維持

・それに伴って順調に資産は増加

・今後の下落を考えると、投資手法が一貫できるかの不安あり

・また今後配当に目が眩んでしまわないかも不安

 

相場がヤバくなってメンタルがアレになってきたら、自分で読み返そうと思います。