私が不動産投資をしない(できない)理由 まずは持ち家を買うべき⁇

 

 

こんにちは、しょうです。

 

目次

 

 

 

はじめに

 

医者をやっていると、どこからともなく不動産業者が湧いてきます。

病院への電話、学会先での待ち伏せ、ダイレクトメールなどなど

 

金を持ってて金融知識がなさそうな人達をターゲットとして考えると、医者を狙うのは理にかなっている気はします。

 

私も過去3回、営業を受けたことがあります。

 

テンプレのように同じ話しかしないし、なかなか帰してもらえないわで、すごく嫌な思い出です。

 

 

ただずっと不動産投資自体には興味はあります。

 

今回は私が不動産投資をやらない(やれない)理由と、やるために必要な条件について書きます。

 

 

不動産投資をしない(できない)理由

 

知識がない

 

結局これです。

建築のこと、関連法律について、契約のこと、立地の見極め、相場、銀行探し

どれをとっても未経験のド素人です。

 

もちろん勉強すれば良いのでしょうが、必要にも駆られていないため、勉強する予定もありません。

 

 

1回の失敗のダメージが大きい

 

何事も経験しないとわからないのですが、不動産は経験するまでのハードルが非常に高いです。

 

株などペーパーアセットなら数百円〜数万円で始められますし、すぐに売り買いができます。

 

ところが不動産は安い物でも数百万しますし、23000万は見ておかないといい候補にも出会えないと思います。

 

初めは色んなことを知らずに失敗するものですが、不動産は経験を得る前に致命傷を負いそうで踏み出せません。

 

 

ポートフォリオが崩れる

 

これも高い買い物というところからですが、一つ不動産を買ったら、自分の資産の大半がそれになってしまいます。

 

長期分散投資を是とする我が投資スタイルには向きません。

 

 

手数料が高い

 

売買に伴う税金、仲介手数料、契約書作成など

物件代金の45%くらいかかるらしいです。

 

米国株ですら、購入時手数料は為替手数料を考慮してもせいぜい0.7%程度で済みます。

日本株なら今や0円も珍しくありません。

 

 

 

もし不動産投資をやるなら

 

自宅購入

 

最も手っ取り早く、確実な方法です。

Yahoo!ニュースに面白い記事がありました。

news.yahoo.co.jp

 

持ち家も不動産投資だが、

・空室リスク (持ち家の場合なし)

・ローン金利 (金利と共に、住宅ローン控除あり)

・入退去にかかる手間、コスト (持ち家の場合少ない)

 

などで、他人に貸す用の不動産よりも有利だと書かれています。

 

まだ今は住む場所が定まっておらず、また勤務先から家賃補助があるため、自宅購入の予定はありません。

 

 

資産が大きく増えたとき

例えば1億円あったら、10%を不動産投資に回すと言うのは悪くないと思います。

1000万円あればある程度の中古物件は探せそうですし、アセットバランスも崩れません。

 

ただ1億はだいぶ遠い話です

 

 

まとめ

・不動産投資はやはり敷居が高い

・自宅購入という不動産投資はアリ

・富裕層の仲間入りしたら買うかも

 

まとめてみると改めて縁遠いものと感じました。

20年後とか子育て終わりそうなタイミングで、地元の中古マンションでも買うかなぁ