仮想通貨の買い方を変更 BTC、ETHのデュアルモメンタム

 

 

こんにちは、しょうです。

 

目次

 

 

はじめに

 

私は長期投資の手法としてモメンタム投資というものを採用しています。

shotaro37.hatenablog.jp

 

 

モメンタム投資…順張り投資の一種。6ヶ月、12ヶ月前などの株価と比較して、高ければ買い、低ければ売りを毎月繰り返す

 

 

今回仮想通貨の買い方として、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)を使ったデュアルモメンタムを取り入れることにしました。

 

今回は以下の記事で書いたことの一部を掘り下げた内容となっています。

shotaro37.hatenablog.jp

 

 

投資判断のフローチャートは以下の通りで、極めてシンプルです。

 

f:id:shotaro37:20210301150339j:plain

BTC、ETHのデュアルモメンタム



例えば、

3ヶ月前 BTC 100万円、ETH 5万円

現在    BTC 200万円、ETH 8万円

ならばBTCを買う(またはホールド)

 

3ヶ月前 BTC 100万円、ETH 5万円

現在    BTC  80万円、ETH 6万円

ならば現金保

 

BTCが下がっていれば、ETHに関係なく現金保有とする

 

 

今回なぜこのような買い方をしたのかについて、なるべく簡単にお話しします。

 

 

BTCETHのデュアルモメンタム、ルックバック3ヶ月にした

  

理由1  いずれかが廃れても利益が期待できる

 

将来例えば、イーサリアムが他の通貨に取って代わられ、価値が激減したとしましょう。

 

その場合ビットコインを持ち続ける事になるため、イーサリアムの下落に付き合わなくて済みます。

 

当然ビットコインについても同様の働きが期待できます。

 

 

現在この二つが1, 2位で安定していますが、例えばイーサリアムに代わる第2の通貨が出てきた場合は、変更の可能性もあります。

 

 

 

理由2  3ヶ月のバックテストの結果が良かった

 

私は基本的に36ヶ月の複合ルックバック期間を使っています。

過去の結果を追求しすぎると、over  fittingの危険性が高まるからです。

 

over fitting... 過去の結果を良くすることを過剰にしてしまうと、将来のパフォーマンスが帰って悪化してしまうこと

 

 

しかし仮想通貨はルックバック期間を変更しました。

 

それはまず3ヶ月の方が36ヶ月の複合よりもパフォーマンスが高かった事が一つあります。

 

ETHの価格が入手できる20158月以降でバックテストを行いました。

詳しくは省きますが、MacNumbers(excelのようなもの)で地道に計算、確認を行いました。

f:id:shotaro37:20210301150530j:plain

バックテストの一部

f:id:shotaro37:20210301150908j:plain

バックテストの一部 続き


その結果は、

 

BTCホールド… 130

36ヶ月… 58.5

3ヶ月… 600

 

となりました。

3ヶ月のシングルルックバック期間が大きくアウトパフォームしています。

 

課題 3ヶ月の高パフォーマンスが今後も続くのか

 

今回3ヶ月の方が結果が良かったのは、仮想通貨の値動きが激しく、モメンタムが形成、持続する期間が短いからだと考えられます。

 

もし今後、値動きが落ち着いてこればより長いルックバック期間が良くなるでしょう。

 

しかし、少なくとも23年は激しい値動きが続くと思われます。

 

もっと仮想通貨が日常生活に普及して、価値が安定してから判断を変えても遅くないと思っています。

 

 

まとめ

 

・仮想通貨の買い方として、3ヶ月のBTC, ETHデュアルモメンタムを使うことにした

BTC,ETHのいずれかが崩れても持ち堪えられる

・ルックバック期間を短くしたが、仮想通貨の値動きが激しい限りはうまく機能すると予想

 

 

モメンタム投資最大のメリットである、長期の下落を避けられるという役割にも期待しています。

 

ガチホ民との決着は、5年先か10年先か